Go to Contents Go to Navigation

韓国政府傘下の在外同胞財団 民団正常化へ団長らと協議

記事一覧 2021.08.26 13:58

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部傘下の在外同胞財団は26日、在日本大韓民国民団(民団)の呂健二(ヨ・ゴニ)中央本部団長、民団中央正常化委員会の代表を務める李寿源(イ・スウォン)民団東京本部団長と先ごろ民団の正常化を話し合ったと明らかにした。財団側は呂氏に対し、内部のあつれきの速やかな解決に最善を尽くしてほしいと求めた。

民団の呂健二・中央本部団長(資料写真)=(聯合ニュース)

 民団では、中央本部団長を決める選挙に端を発した内紛が続いている。今年4月に開かれた民団の最高議決機関である第55回中央大会で、団長選挙の候補だった任泰洙(イム・テス)前中央副団長が候補者資格を剥奪され、呂氏が開票なしで再選された。民団の各地方本部は無開票での当選に抗議し、民団中央正常化委員会を設置した。

 民団は47の地方本部と260の支部、約30万人の団員で構成されており、韓国政府が毎年80億ウォン(約7億5000万円)ほどを支援している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。