Go to Contents Go to Navigation

アフガン現地スタッフに長期滞在ビザ発給 関連法令改正へ=韓国

記事一覧 2021.08.26 14:32

【ソウル聯合ニュース】韓国の法務部は26日、アフガニスタンで韓国政府に協力していた現地スタッフらに長期滞在資格を与えるため、出入国管理法施行令の改正案を告示した。

韓国軍兵士が25日、アフガニスタンのカブール空港で現地スタッフの家族に食料品を提供している(空軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 改正案では韓国に対する特別な功労がある外国人や公益の増進に貢献した外国人の滞在を支援するため、長期滞在資格の居住(F2)ビザを発給し、制限なく就業活動を行えるよう定めている。

 難民認定者や韓国人の未成年の外国籍子ども、外国人投資家らに発給される居住ビザは滞在期間が最長5年で、就業・学業に制限がない。審査を経て永住権の発給も受けられる。

 26日に韓国に入国するアフガニスタン現地スタッフらの場合、長期滞在資格を与えるための法的根拠がなく、改正案をまとめたもようだ。

 現地スタッフらには滞在期間が最長90日の短期訪問(C3)ビザを発給し、施行令が改正されれば居住ビザに変更する方針だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。