Go to Contents Go to Navigation

文大統領「世界4大ベンチャー強国目指す」 全面支援を表明

記事一覧 2021.08.26 15:44

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、青瓦台(大統領府)で開いた第2のベンチャー・ブームの成果報告会で、「(ベンチャー企業の)設立から成長、投資回収、再挑戦に至るまできめ細かく支援し、世界4大ベンチャー強国へと飛躍する」と表明した。これに向け、技術を基盤とした起業(技術起業)の活性化、人材・資金流入の促進、M&A(合併・買収)市場の活性化という三つの課題を提示した。

報告会で演説する文大統領=26日、ソウル(聯合ニュース)

 文大統領は技術起業に関し、「有望な新産業分野に起業支援予算を集中させ、地域ごとの起業クラスターも速やかに構築する」と述べ、年間23万件水準の技術起業を2024年までに30万件に増やす目標を示した。

 また、ベンチャー企業の成長を支える優秀な人材の流入促進策として、「ストックオプション(新株予約権)に関する税負担を大幅に下げ、実質的なインセンティブになるようにする」と表明した。資金問題に関しては、設立間もない企業への投資拡大に向けて1兆ウォン(約940億円)規模の専用ファンドを新たに組成する計画などを明らかにした。

 文大統領は「韓国はいまや(他国を)追いかける時代を過ぎ、追い抜く時代を迎えている」とし、「追い抜く時代には多くの新たな成功戦略を探す必要があるが、ベンチャー産業がその答えを握っている」と言葉に力を込めた。報告会にはベンチャー企業の関係者らが出席した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。