Go to Contents Go to Navigation

韓国型ロケットの起立作業完了 打ち上げ前の最終点検へ

IT・科学 2021.08.26 16:52

【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部は26日、韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ」について、ウェット・ドレス・リハーサル(WDR)と呼ばれる最終的な機能点検に向けフライトモデル(FM)を発射台に移し起立させる作業を行ったと発表した。

発射台に立てられた「ヌリ」(科学技術情報通信部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 WDRはロケットを発射台に立てて零下183度の酸化剤を充填(じゅうてん)・排出し、機体が極低温環境で正常に機能するかどうかを確認する作業だ。27日に酸化剤の充填・排出が行われる予定だ。

 同部は「WDRの結果の分析は約1週間かかる。補完事項が見つかった場合は対処した上で、打ち上げの手続きに入る」と説明した。

 ヌリは1.5トン級の実用衛星を地球低軌道に乗せることができる3段式ロケットで、2010年に開発が始まった。

hjc@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース IT・科学
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。