Go to Contents Go to Navigation

韓国空軍と米宇宙軍 定例協議巡る協定締結=「協力パートナー」に

記事一覧 2021.08.29 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴仁虎(パク・インホ)空軍参謀総長と米宇宙軍制服組トップのレイモンド作戦部長は27日(米現地時間)、コロラド州のピーターソン空軍基地で両軍による定例協議体に関する協定を締結した。韓国空軍が29日発表した。

協定を締結した朴氏(右)とレイモンド氏(空軍提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国空軍は協定締結により、両軍が宇宙安保の協力パートナーになったことが公式化したと説明した。米宇宙軍との定例協議を通じ、人的交流や技術協力、情報共有などさまざまな軍事交流協力を一層強化する方針だ。

 レイモンド氏は協定式で、「韓国軍と協定を締結し、意味深く思う」とし、「今後もさまざまな宇宙分野で協力を続けていくことを期待する」と述べた。

 朴氏は米宇宙軍のディキンソン司令官とも会談し、両国の宇宙監視情報共有や韓国空軍の宇宙関連演習参加、ミサイル防衛など合同宇宙作戦遂行能力向上のため協力することで一致した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。