Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 7月から原子炉再稼働の兆候=IAEA報告書

記事一覧 2021.08.30 09:52

【ソウル聯合ニュース】国際原子力機関(IAEA)は27日、北朝鮮・寧辺の核施設にある5メガワットの原子炉を巡り、7月初旬から冷却水の排出など原子炉稼働と一致する兆候がみられたとする報告書をまとめた。

北朝鮮・寧辺の核施設(国連安保理北朝鮮制裁委員会専門家パネルの昨年報告書より)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 報告書は2018年12月から今年7月前までは原子炉稼働の兆候がなかったと説明した。

 5メガワット原子炉は北朝鮮の核兵器製造の中心施設だ。原子炉稼働後に出る使用済み燃料棒を再処理すれば核兵器の原料となるプルトニウムが抽出される。

 報告書は今年2月中旬から7月初旬まで使用済み燃料棒の再処理施設である放射化学研究所が稼働した兆候もあると明らかにした。5カ月間の稼働期間は北朝鮮が過去に、5メガワット原子炉から出た使用済み燃料棒の再処理にかかると明かした期間と一致するという。

 IAEAは6月にも北朝鮮が寧辺の核施設で使用済み燃料棒からプルトニウムを抽出した兆候があると明らかにしていた。

 IAEAは今回の報告書で「北朝鮮の核活動は引き続き深刻な懸念」と指摘し、「5メガワットと放射化学研究所の稼働という新しい兆候は深刻な懸念材料」とした。また、国連安全保障理事会の決議に明白に違反するとして、遺憾の意を表明した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。