Go to Contents Go to Navigation

昨年のワイン輸入額が過去最大 ビール抜いて酒類1位=韓国

記事一覧 2021.08.30 12:45

【世宗聯合ニュース】韓国関税庁は30日、2020年の韓国のワイン輸入額は前年比27.3%増の3億3000万ドル(約362億2000万円)で、過去最高を記録したと発表した。ビールを抜いて酒類の輸入額で1位となった。

ソウル市内の大型スーパーにあるワイン売り場(資料写真)=(聯合ニュース)

 昨年のワイン輸入量は5400万リットルだった。750ミリリットル瓶なら約7300万本に当たる。

 関税庁は「新型コロナウイルス下で『家飲み』が定着し、気軽にアルコールを楽しめるワインの需要が増えたようだ」と分析した。

 一方、昨年のビールの輸入額は2億2700万ドルで前年比19.2%減少した。関税庁は「日本製の輸入が減った半面、国産のクラフトビールが人気を集めた」と説明した。日本製は18年に輸入額1位だったが、今年1~7月は10位にまで後退した。1位はオランダで、2位は中国。

 昨年の酒類全体の輸入額は11億ドルと、前年から8.2%伸びて過去最高を更新した。新型コロナの影響で会食などの集まりが減る中、ワインがけん引役となった。ワイン(3億3000万ドル)とビール(2億2700万ドル)に続き、洋酒(ウイスキーとブランデー、1億4000万ドル)の輸入が多かった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。