Go to Contents Go to Navigation

韓国首相 サムスントップの経営復帰を支持=英メディアに

記事一覧 2021.08.31 14:09

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は31日、前大統領の朴槿恵(パク・クネ)氏らへの贈賄罪などで服役し、先ごろ仮釈放されたサムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の経営活動復帰を支持するとの姿勢を示した。

会議に出席する金富謙首相=31日、ソウル(聯合ニュース)

 金首相はこの日公開された英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、「経営活動復帰のため、必要であれば法的手続きに従わなければならないが、既に釈放された状況で活動を禁止するのは適切な方策ではない」と述べた。

 また、「李副会長があまりに早く法的責任を免れた」との批判があることは承知しているとしながらも、李氏の状況について「偏狭な(narrow―minded)」アプローチをしてはならないとの考えを示した。

 国民は財閥の役割について高い評価基準を持っているとした上で、李氏の事業機会を奪うことが不公平だとの世論もあると説明した。

 金首相は、財閥に対する管理・規制が行き届いていないのではないかとの質問には「韓国の法治については疑わなくてもよい」と強調。李氏の仮釈放にあたっては、半導体の世界的な競争激化と新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済的挑戦などに対する迅速な対応が必要だという点も考慮したと説明した。

 このほか「財閥が2~4世に引き継がれる中で排他的な特権は消えつつある」とし、「時間はかかるだろうが、透明性・責任性を高めるための財閥改革はいまも進んでいる」と強調した。

 李氏は今年1月の差し戻し控訴審で懲役2年6カ月の実刑判決を受けて服役していたが、光復節(8月15日、日本植民地からの解放記念日)に合わせて13日に仮釈放された。

 李氏の経営復帰を巡っては就業制限規定に違反しているとの批判が出ていたが、法務部は李氏が未登記の取締役であるため、経営に参加しても「就業」と見なすことはできないとの意見を出していた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。