Go to Contents Go to Navigation

韓国与野党 「メディア懲罰法案」の来月採決で合意

記事一覧 2021.08.31 14:22

【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」と最大野党「国民の力」は31日、メディアに対する懲罰的な損害賠償を可能にする「言論仲裁法」改正案を来月27日に国会本会議に上程することで合意した。8人でつくる協議体を設置して議論を続けることも確認した。

国会で会合を開く朴国会議長(中央)、共に民主党の尹院内代表(左から2人目)、国民の力の金院内代表(右から2人目)=31日、ソウル(聯合ニュース)

 言論仲裁法の改正案はメディアの故意・重過失による虚偽・ねつ造報道に対し、損害賠償を請求できると定めている。訂正報道や記事閲覧遮断も請求できる。共に民主党は8月中の成立を目指したが、国民の力やメディア界が強く反発していた。

 両党の院内代表が朴炳錫(パク・ビョンソク)国会議長と会合を開き、合意書に署名した。

 協議体は両党の国会議員各2人と両党が推薦した専門家各2人で構成する。

 共に民主党の尹昊重(ユン・ホジュン)院内代表は「偽ニュースによる被害を受ける国民を救う道を開くことに両党が合意したことに大きな意味がある」として、「協議体で円満に討論する」と述べた。一方、国民の力の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表は「(採決を)約1カ月間延期したが、依然として問題は現在進行形として残っている」とし、「自由民主主義の体制を守る最も大きな基準は表現の自由であり、国民の知る権利はいかなる場合にも保障されなければならない」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。