Go to Contents Go to Navigation

韓国・現代自EVの自動運転タクシー 23年に米で運用へ

記事一覧 2021.08.31 18:45

【ソウル聯合ニュース】韓国・現代自動車の電気自動車(EV)専用車「アイオニック5」をベースに作られた自動運転タクシーが2023年から米国で運用される。韓国内では早ければ24年に試験運用が始まる見通しだ。

「アイオニック5」をベースに作られた自動運転タクシーのイメージ画像。9月に独ミュンヘンで開催される国際自動車ショーで実物を展示する予定という(現代自動車グループ提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 現代自動車グループは31日、米自動車部品大手アプティブとの合弁会社であるモーショナルと共同で開発した自動運転タクシーを初めて公開した。

 今回公開された車両は米自動車技術者協会(SAE)が定める自動運転のレベル4が適用される。システムが状況を判断して車両を動かし、非常時にもシステムが自ら対処する。この車両を用いた配車サービスが米国で23年から始まる予定だ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。