Go to Contents Go to Navigation

韓国政府が福島汚染水放出問題の予算拡充へ 検査強化など

記事一覧 2021.09.01 10:26

【ソウル聯合ニュース】韓国海洋水産部は1日、前日に閣議決定された2022年度(1~12月)予算案に関連し、東京電力福島第1原発から出る放射性物質を含んだ処理済み汚染水の海洋放出計画への対応に前年比12.7%増の932億ウォン(約88億5000万円)を投入すると発表した。

韓国市民団体の環境運動連合と市民放射能監視センターは先月27日、処理済み汚染水の海洋放出計画を撤回するよう求める記者会見を行った(資料写真)=(聯合ニュース)

 これにより、汚染水の韓国海域への流入を監視する調査地点を39カ所から45カ所に拡大し、放射能のモニタリング予算も18億ウォンから39億ウォンへと2倍以上に増額する。

 また、水産物売り場への放射能検査装置の設置を支援し、国民から要請があった放射能検査制度の導入などで水産物の放射能検査を強化する。

 モバイルアプリを活用した輸入水産物の流通履歴の監視を強化するほか、流通情報をより分かりやすく提供する方針だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。