Go to Contents Go to Navigation

ルーマニアからワクチン約150万回分導入 2日と8日に到着=韓国

記事一覧 2021.09.01 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部は1日の定例会見で、ルーマニアとの協力によって確保した新型コロナウイルスワクチン150万3000回分が2日から韓国に供給されると発表した。

ワクチンの接種会場(資料写真)=(聯合ニュース)

 内訳は、韓国がルーマニア政府から購入した米ファイザー製ワクチンが105万3000回分、ルーマニアから供与を受ける米モデルナ製ワクチンが45万回分。ファイザー製品の一部が2日に韓国に到着し、残りのファイザー製品とモデルナ製品は8日に到着する。政府はこれらのワクチンを18~49歳の国民への接種に活用する予定だ。

 同対策本部は、両国政府がワクチンと医療物資の交換などを協議した結果、モデルナ製ワクチン45万回分についてはルーマニアが韓国に供与し、韓国がルーマニアの必要とする医療物資を提供する相互供与の形を取ることにしたと伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。