Go to Contents Go to Navigation

手術室へのカメラ設置義務化 改正法成立を評価=韓国大統領府

記事一覧 2021.09.01 17:01

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席秘書官は1日、医療機関の手術室内への監視カメラ設置義務化などを盛り込んだ改正医療法が国会で成立したことについて、「利害当事者と与野党、政府が公の場での討論を経て合意に至ったもので、社会の成熟した立法過程を示した事例」と評価した。

韓国青瓦台(資料写真)=(聯合ニュース)

 青瓦台が国会で成立した法案について意見を表明するのは異例で、文在寅(ムン・ジェイン)政権最後の通常国会が開会を受け、国会に協力を求める思惑があるとみられる。

 改正案は先月31日に可決した。手術室内に監視カメラを設置🅂し、患者や保護者の要請があった場合に撮影を義務化する。

 代理手術や医療事故防止のため監視カメラの設置を求める意見と医療行為を委縮させるとして反対する医療界の意見が対立し、改正案提出から6年7カ月を経ての可決となった。

 また、炭素中立グリーン成長基本法が成立したことに関しては、「世界で14番目に2050年の(二酸化炭素の排出を実質ゼロにする)炭素中立ビジョンを法制化したもので、炭素中立社会に向かうための初めての立法的な成果」とし、「気候変動に対応する先導国として飛躍できる法的基盤を設けたという重大な意味がある」と歓迎した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。