Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の8月販売 2カ月連続で減少

記事一覧 2021.09.01 19:45

【ソウル聯合ニュース】現代自動車、起亜、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社が1日発表した8月の国内・海外販売台数は計56万3500台で、前年同月比5.6%減少した。5社の世界販売台数が前年同月より減少したのは7月の0.2%減に続き2カ月連続となった

現代のEV専用車「アイオニック5」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国内販売は同5.0%減の10万6247台で、起亜を除いた4社が減少した。前月に続き7月も国内販売が増加したのは起亜だけだった。

 5社の国内販売は3月に6.7%減、4月に6.6%減、5月に15.0%減、6月に23.6%減、7月に14.5%減と減少が続いている。

 海外販売は45万7253台で同5.7%減少した。現代、起亜、韓国GMは減少し、ルノーサムスンと双竜は2倍以上増加した。

 メーカー別にみると、現代の世界販売台数は7.6%減の29万4591台で2カ月連続の減少となった。国内は6.5%減の5万1034台、海外は7.8%減の24万3557台だった。

 国内では小型トラック「ポーター」が7424台を記録し、先月に続き最多販売モデルとなった。

 高級車ブランド「ジェネシス」の販売は8307台で17.6%伸びた。

 ハイブリッド車(HV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)などのエコカーの国内販売は1万1437台で79.1%増加した。EV専用車「アイオニック5」は3337台で、1~8月の累計販売台数は1万2484台。

 起亜は国内が6.6%増の4万1003台、海外が1.4%減の17万6201台で、全体では0.1%増の21万7204台だった。

 韓国GMは国内が19.5%減の4745台、海外が45.7%減の1万1871台。全体では40.1%減の1万6616台だった。

 双竜の世界販売台数は7735台で、3.6%減少したものの、海外が2874台で132.7%増加した。国内は28.4%減の4861台だった。

 ルノーサムスンの世界販売台数は16.9%増の8846台で2カ月連続での増加となった。国内は4604台、海外は4242台だった。

 半導体不足の長期化により、5社の苦境は当面続く見通しだ。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。