Go to Contents Go to Navigation

SKイノベーション 中国に大規模EVバッテリー工場を新設へ

記事一覧 2021.09.01 20:31

【ソウル聯合ニュース】韓国石油化学大手のSKイノベーションは1日、中国・江蘇省塩城市に電気自動車(EV)向けバッテリー(電池)の生産工場を新設するため、現地法人に10億6000万ドル(約1170億円)を出資すると発表した。

SKイノベーションの米ジョージア州バッテリー工場(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 出資は今月から2024年12月にかけて分割して行われる。同社は来月1日付でバッテリー事業を分社する計画で、出資は分社化後に本格的に行われる見通しだ。

 同社は既に中国の3カ所でバッテリー工場を稼働させているが、今回新設される第4工場は、中国企業と合弁で運営されているこれまでの3工場とは異なり、独自に運営されるという。

 第4工場の生産能力は中国内の同社バッテリー工場のうち最大規模となる見通しだ。

 韓国や米国、中国、ハンガリーなどを拠点とした同社のバッテリー工場の年間生産能力は現在40ギガワット時(GWh)。30年までに500GWhに引き上げる計画だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。