Go to Contents Go to Navigation

[韓流]イム・サンス監督「幸福の国へ」 釜山国際映画祭の開幕作に

記事一覧 2021.09.02 10:49

【ソウル聯合ニュース】韓国のイム・サンス監督の映画「幸福の国へ」(原題)が、来月開催される第26回釜山国際映画祭の開幕作に選ばれた。同映画祭が2日、発表した。

映画「幸福の国へ」(原題)のワンシーン(釜山国際映画祭提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 イム監督の6年ぶりの新作となる同作は昨年のカンヌ国際映画祭に公式選出されたが、同映画祭が従来形式での開催を断念したため、釜山で初上映されることになった。

 「幸福の国へ」は、2人の男性が偶然手に入れた大金で人生最後の幸せを探すため特別な旅に出たことで繰り広げられる出来事を描いたロードムービーだ。主演は俳優のチェ・ミンシク、パク・ヘイル。

 米映画「ミナリ」で米アカデミー賞助演女優賞を受賞した女優、ユン・ヨジョンも出演する。

 映画祭側は「イム監督の優れた演出力とチェ・ミンシク、パク・ヘイルの両俳優の名演が織りなすハーモニーが、この映画を幸福に関するこの上なく温かくて美しい質問にした」と説明した。

 釜山国際映画祭は10月6~15日に開催される予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。