Go to Contents Go to Navigation

現代自動車「ジェネシス」 25年から全ての新車をFCV・EVに

記事一覧 2021.09.02 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国自動車大手、現代自動車の高級車ブランド「ジェネシス」は2日、「Futuring Genesis」と題した映像を公開し、新たな電動化ビジョンを発表した。二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする炭素中立(カーボンニュートラル)の2035年達成を目標に掲げ、これに向けて水素を燃料とする燃料電池車(FCV)とバッテリー(蓄電池)を搭載する電気自動車(EV)の2モデルを中心とする「デュアル電動化戦略」を推進すると表明した。

ジェネシスが2030年までに完成させる8モデルのFCV・EVのラインアップ(ジェネシス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 25年以降は全ての新車をFCVまたはEVとし、30年までに8モデルのFCV・EVラインアップを完成させて世界販売を年間40万台に拡大する計画だ。30年以降は既存の内燃機関車を売らず、実質的にFCVとEVのみを販売するとみられる。

 ジェネシスは映像で、先月にイメージを公開した初のEV専用モデル「GV60」も披露した。現代自動車グループのEV専用プラットフォーム(車台)を採用したモデルで、年内に発売する。

「GV60」(ジェネシス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。