Go to Contents Go to Navigation

コロナワクチンと白血病 因果関係なし=韓国

記事一覧 2021.09.02 16:39

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の新型コロナウイルス予防接種対応推進団は2日、大韓血液学会に諮問を受けた結果、コロナワクチン接種と白血病の発症との因果関係は確認されていないとして、接種を受けるよう勧告した。

ワクチン接種後、副反応に備えて待機する人々=1日、ソウル(聯合ニュース)

 学会はワクチン接種から短期間内の白血病発症は従来の理論と一致しないと説明した。現在、コロナワクチン接種後に発症したとの報告があった白血病は主に急性骨髄性白血病だが、薬物によって発症する場合は数年がかかるとされる。

 学会のキム・ジンソク学術理事は「急性白血病はコロナワクチンと関連がないとされている」とし、「このため、接種する際に白血病などがんの心配をする必要はない」と説明した。

 韓国ではコロナワクチン接種後、白血病の診断を受けたケースが相次いで報告されている。青瓦台(大統領府)ホームページにも真相究明を求める請願が複数寄せられている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。