Go to Contents Go to Navigation

2月に深夜まで会食の東方神起ユンホ 重ねて謝罪

記事一覧 2021.09.03 10:58

【ソウル聯合ニュース】韓国の男性デュオ・東方神起のユンホさんが2日、新型コロナウイルスの感染対策として飲食店の営業時間が短縮されていたにもかかわらず、飲食店で知人と深夜まで過ごした問題について改めて謝罪した。

ユンホさん(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ユンホさんはSNS(交流サイト)に、「防疫守則を守れなかったことを今一度おわび申し上げる」とし、「恥ずかしい気持ちで悔やむ時間を過ごし、今も反省している」とつづった。集まる先がどこなのか事前によく確かめもしないまま、落ち着いて話ができる場所だとだけ聞いて出掛けたのは自分の落ち度だとし、「多くの方々にご心配、ご迷惑を掛けたことも、ただただ申し訳ないという思い」と悔いた。

 その上で、「二度とこうしたことが起きないよう、自身を戒め、反省する」と誓った。

 ユンホさんは今年2月、ソウル市江南区にある店で午前0時近くまで過ごした。当時、政府の新型コロナウイルスの感染対策により飲食店の営業時間は午後10時までに短縮されており、ユンホさんは感染症予防法に違反したとして立件された。この店は、女性従業員が接客し酒を提供する「遊興酒店」の形態で無許可で営業していた。ユンホさん側は当時、従業員は同席していなかったと釈明した。

 検察はこのほど、店の社長と従業員、客などに過料処分を下し、ユンホさんについては過料を科すよう江南区庁に要請したとされる。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。