Go to Contents Go to Navigation

韓国防衛事業庁 30年まで宇宙技術開発に1500億円投資へ

記事一覧 2021.09.03 11:14

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁と政府系シンクタンクの国防技術振興研究所は3日、今年から2030年までに宇宙関連の技術開発に1兆6000億ウォン(約1520億円)を投資すると発表した。

防衛事業庁のロゴ(同庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 防衛事業庁は、宇宙国防技術の充実化を目標に監視・偵察衛星、通信衛星・衛星測位システム、発射体などの技術開発を重点的に推進する方針だと説明した。

 今年推進中の国防宇宙開発関連の10大技術課題に939億ウォンを投入し、四つの新規課題に875億ウォンを追加投資する計画だ。

 来年から着手する宇宙開発関連の重要技術には約3500億ウォンが投じられると推定される。

 防衛事業庁は「5月の韓米ミサイル指針撤廃により、固体燃料基盤の宇宙ロケット技術開発が可能になった」とし、「現在進行中や着手予定の技術課題が完了すれば、今後の軍衛星システム、超小型衛星システム事業などに幅広く活用されるだろう」との見通しを示した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。