Go to Contents Go to Navigation

8月の輸入車販売1%増 日本車はプラス35.7%=韓国

記事一覧 2021.09.03 14:05

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会は3日、8月の輸入乗用車の新規登録台数は2万2116台で前年同月比1.0%増加したと発表した。1~8月の新規登録台数は前年同期比14.3%増の19万4262台となった。

ベンツのEクラス(ベンツコリア提供)=(聯合ニュース)

 同協会は半導体の需給逼迫(ひっぱく)による一部ブランドの供給不足で8月の輸入車販売が前月より減少したと分析した。

 8月の輸入車登録をブランド別にみると、メルセデス・ベンツが6734台で、8カ月連続で1位を守った。BMWが5214台、アウディが1341台、フォルクスワーゲン(VW)が1305台、ボルボが1152台、ミニが969台、シボレーが946台、レクサス(トヨタ自動車)が933台、ポルシェが657台、ホンダが518台、トヨタが467台などと続いた。

 ベンツが前年同月比11.7%増となった一方、BMWは28.1%減、アウディは33.7%減となった。

 自動車市場調査会社カーイズユーデータ研究所の調査によると、韓国輸入自動車協会の統計に含まれていないテスラは2431台が販売された。

 ベストセラーモデルはベンツのEクラス(3132台)だった。

 国・地域別では欧州車が1万8117台で全体の81.9%を占めた。米国車は2081台(9.4%)、日本車は1918台(8.7%)だった。日本車は前年同月比で35.7%、米国車は34.8%伸びた。

 燃料別ではガソリン車が全体の51.4%を占め、ハイブリッド車(HV)が28.7%、ディーゼル車が13.3%、プラグイン・ハイブリッド車が4.9%、電気自動車(EV)が1.7%となった。ハイブリッド車は前年同月比209.6%増、プラグイン・ハイブリッド車は83.9%増となった一方、ディーゼル車は62.2%減となった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。