Go to Contents Go to Navigation

韓国で新たなコロナ変異株「ミュー株」初確認 入国者3人から

記事一覧 2021.09.03 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は3日、新型コロナウイルスの新たな変異株「ミュー株」が海外から入国した3人から確認されたと発表した。韓国でミュー株の感染者が確認されるのは初めて。

韓国でミュー株の感染者が初めて確認された(イラスト)=(聯合ニュース)

 3人はメキシコ(5月)と米国(6月)、コロンビア(7月)からそれぞれ入国した。

 ミュー株は1月にコロンビアで初めて報告され、南米や欧州を中心に約40カ国・地域で確認されている。日本でも2人の感染者が確認された。

 同本部は「ミュー株を含む新しい変異ウイルスに対するモニタリングを強化し、海外からの入国者の管理を続けていく」との方針を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。