Go to Contents Go to Navigation

コロナ防疫レベル延長 首都圏の集まり接種者含め6人まで=韓国

記事一覧 2021.09.06 10:56

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、政府は6日から10月3日まで引き続き、感染防止策「社会的距離の確保」のレベルを首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)は最も高い第4段階、首都圏以外の地域については原則第3段階とする。

「社会的距離の確保」のレベルが延長される(イラスト)=(聯合ニュース)

 ただ、感染対策の長期化による疲労感が高まっており、ワクチン接種も進んでいることから、防疫措置を一部緩和する。第4段階の対象地域では6日から、飲食店・カフェの店内営業時間を従来の午後9時までから午後10時までに延ばす。飲食店やカフェでの私的な集まりはワクチン接種完了者を含め6人までとする。第3段階の地域では、不特定多数が利用する施設全てで接種完了者を含め最大8人の集まりを認める。

◇ワクチンインセンティブ拡大 第4段階で最大6人の集まり可能に

 社会的距離確保のレベル延長により、首都圏など第4段階が適用される地域では5人以上の私的な集まりの禁止措置が維持され、午後6時以降は集まりの人数が2人までに制限される。

 政府はただ、ワクチン接種のインセンティブを拡大し、第4段階であっても飲食店やカフェ、家庭内では接種完了者を含め最大6人の集まりを認める。昼間の時間帯は接種完了者2人、午後6時以降は4人まで集まりに加われるようになる。

 秋夕(中秋節、今年は9月21日)を含む1週間(9月17~23日)は、家庭内で最大8人の家族の集まりが可能になる。これも同様に接種完了者を人数に追加する形で、2回接種のワクチンを1回しか接種していない人や未接種者だけの場合は4人までしか集まれない。

 第3段階の地域では、私的な集まりは原則として4人までとなる。ただし、接種完了者を1~4人含めて最大8人まで集まれる。

 飲食店とカフェの営業時間も延長された。第4段階の対象地域ではこれまでより1時間長い午後10時まで店内営業が可能になり、それ以降は持ち帰りやデリバリーのみの営業となる。

 第3、第4段階地域の結婚式と葬儀には49人まで参列できる。ただし、食事を提供しない結婚式は最大99人の参列が可能だ。

◇首都圏のクラブなどは引き続き営業停止

 このほかの防疫規則は従来通り維持される。第4段階が適用されている地域では、遊興施設に分類される接待を伴う飲食店、クラブなどは引き続き営業停止となる。カラオケボックス、屋内スポーツ施設、塾、インターネットカフェなどは午後10時までの営業とする。

 第4段階では企業で欠かせない経営活動や公務を除き、全ての行事が禁止される。集会も1人で行うデモしか認められない。スポーツ試合は原則無観客。宿泊施設は客室の3分の2のみの営業となる。宗教施設のうち、収容人数101人以上の大型施設では定員の10%以内、最大99人まで入れられる。

 第3段階の対象地域では、不特定多数が利用する施設のうち接待を伴う飲食店やクラブ、カラオケボックスは午後10時まで営業できる。映画館や商店・スーパー・百貨店、塾、屋内スポーツ施設などは営業時間に制限がない。

 宗教施設の対面での集まりは出席者が収容人数の20%以内に制限される。宿泊施設は客室の4分の3のみの営業となる。スポーツ試合の観客は屋内の場合は収容人数の20%まで、屋外は30%まで。正規の公演施設以外の施設での公演は、人数が6平方メートル当たり1人、最大2000人までに制限される。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。