Go to Contents Go to Navigation

話題ドラマでの暴力描写 韓国国防部「兵営環境は変わった」

記事一覧 2021.09.06 13:37

【ソウル聯合ニュース】韓国で反響を呼んでいるドラマ「D.P.―脱走兵追跡官―」で描写された軍内のいじめや暴力などに関し、国防部が初めてコメントした。ムン・ホンシク副報道官は6日の定例会見で、記者から「(ドラマの背景になった)2014年に部隊で起きた不条理のことだとは見なせないと軍関係者が発言したという報道があった」として国防部の見解を求められると、「兵営環境は変わりつつある」と答えた。

ドラマ「D.P.―脱走兵追跡官―」(ネットフリックス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 ムン氏は「これまで国防部と各軍は、暴行など兵営の不条理を根絶するため持続的な兵営革新に努力を傾けてきた」と説明した。現在は服務終了後の携帯電話の使用が認められるなど、悪質な事件を隠蔽(いんぺい)できないような環境に変わったと強調した。

 また、ドラマ出演者の軍服着用は現行法に抵触しないとの認識も示した。ムン氏は、関連法は軍人以外による軍服着用と軍用品の使用・携帯を認めていないとしながらも、「文化・芸術活動を目的とする場合は例外とされている」と述べた。

 動画配信大手ネットフリックスで配信中の「D.P.―脱走兵追跡官―」は軍務を離脱した脱走兵の追跡を描いたドラマで、2014~15年作のウェブ漫画が原作。兵営での殴打などの描写にリアリティーがあるとして軍でも関心を集めている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。