Go to Contents Go to Navigation

素材・部品・装備の輸出増加 対日貿易は赤字拡大=韓国

記事一覧 2021.09.08 14:11

【ソウル聯合ニュース】韓国の素材・部品・装備(装置や設備)分野の輸出が今年は10年ぶり高水準となっていることが8日、政府の統計で分かった。だが、この分野の対日貿易は赤字が拡大した。

素材・部品・装備分野の輸出が拡大している(コラージュ)=(聯合ニュース)

 産業通商資源部は8日、素材・部品・装備に関する総合ポータルサイト「素部装.net」(www.sobujang.net)を新設したと発表した。従来のサイトを拡大・再編したもので、政府機関が提供してきた関連政策をはじめ、素材・部品・装備分野の企業や技術、統計など、関連情報を網羅する。

 同部はまた、これまでの「素材・部品統計」に装備を加えて「素材・部品・装備統計」に統合・再編した。この分野の統計としては20年ぶりの全面的な再編。昨年4月の特別法改正により素材・部品・装備の範囲などが変更されたことに伴う。

 新たな統計によると、2021年1~7月の素材・部品・装備の輸出額は2032億ドル(約22兆4090億円)と前年同期比23.3%増加し、この10年で最大を記録した。輸入額は25.5%増の1405億ドルで、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は627億ドルの黒字だった。これは全産業の黒字の3.2倍にあたる。

 ただ、対日貿易の収支はむしろ悪化した。1~7月に日本向け輸出額が84億ドルと前年同期から10億ドル増えたのに対し、輸入額はこれを上回る31億ドル増の222億ドルだった。貿易赤字は前年同期の117億ドルから今年は138億ドルに拡大した。韓国の半導体とディスプレーの輸出好調を背景に設備投資が行われ、日本からの製造装置などの輸入が増えたため。

 産業通商資源部関係者は、年平均で韓国の全産業の輸出が伸びており、これに比べると素材・部品・装備分野の日本からの輸入割合は下がっていると説明した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。