Go to Contents Go to Navigation

アフガン出国希望者支援で協力 韓米日など約20カ国がテレビ会議

記事一覧 2021.09.09 09:02

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官は8日、米国のブリンケン国務長官とドイツのマース外相が共催したアフガニスタン情勢への対応を巡るテレビ会議に出席した。

アフガニスタン情勢への対応を巡るテレビ会議(外交部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国外交部によると、会議には韓国や英国、フランス、オーストラリア、インド、日本、欧州連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)、国連など約20カ国・地域・機関が参加した。

 鄭氏はアフガンの現地スタッフと家族391人を韓国に移送した際、米国などが協力したことに謝意を表明。アフガンの安定と人道状況の改善に向けた国際社会の取り組みに引き続き参加する意向を示した。

 また、アフガンを掌握したイスラム主義組織タリバンに対し、自由な出国を認めるとした約束の履行を促した。

 出席者はアフガンの出国希望者の安全な移動を支援するための協力を続けながら、対テロ協力や人道支援などを巡る緊密な協議を継続することで一致した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。