Go to Contents Go to Navigation

韓国コンビニ 20~30代狙った変わり種食品を相次ぎ発売

記事一覧 2021.09.10 07:30

【ソウル聯合ニュース】韓国のコンビニエンスストアが20~30代をターゲットにした変わり種の食品を相次いで出している。

GS25は今月末にソーダ味の中華まんを発売する(GS25提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 GS25は青みがかったカスタードクリームを入れたソーダ味の中華まんを今月末に発売する。キムチチゲラーメン味の中華まんも発売する予定だ。

 GS25の関係者は、ここ数年の中華まんの売り上げのうち、あんまん以外のものが占める割合が増えているとし、「多様な好みを狙って新しい味の製品を企画した」と語った。

 セブンイレブンは今年、ロッテ製菓のガムの味を生かした「ジューシーフレッシュビール」と「スペアミントビール」を発売した。

 セブンイレブンの関係者は、MZ世代(ミレニアル世代とZ世代、1980~2000年代生まれ)を中心にミント味が人気を集めていることを意識したと説明した。

 CUは即席麺大手の八道とコラボレーションした「牛乳ラーメン」を5月に発売した。即席麺に牛乳を加えて食べる人が多いことに着目した商品だ。

 CU関係者はMZ世代の人たちの間で、変わった商品が人気を得る傾向を踏まえたと説明した。

セブンイレブンのジューシーフレッシュビール(左)とスペアミントビール(セブンイレブン提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
CUが販売している牛乳ラーメン(BGFリテール提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。