Go to Contents Go to Navigation

台風14号が韓国に接近へ 済州で大雨のおそれ

記事一覧 2021.09.13 19:09

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁は13日、台風14号の間接的な影響を受けて南部・済州道で突風や雷を伴う非常に激しい雨が降り、14日までの総雨量は500ミリ以上に達する可能性があると発表した。

13時午後3時20分現在の衛星写真(国家気象衛星センター提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 15日までの予想降水量は、済州道で100~300ミリ(多いところで500ミリ以上)、全羅南道と慶尚南道の南海岸で20~80ミリ(全羅南道南海岸の多いところで120ミリ以上)、慶尚南道(同道南海岸を除く)と全羅北道南部、慶尚北道南部で10~40ミリ。

 台風14号は13日午後3時現在、中国・上海の東南東約130キロの海上を時速25キロで北北西に進んでいる。中心付近の最大風速は39メートル。

 16日まで上海付近に停滞し、17日に南部・釜山の南西約110キロの海上に接近するとみられる。

 その後進路を東に変え、日本の仙台付近に上陸する可能性が高い。

 気象庁は、台風が韓国に近づく16~17日には済州道と南部地方に非常に激しい雨が降るとして、気象情報を参考に被害に備えるよう呼びかけた。

 現在、済州道の沖合には台風警報、黄海南方の沖合には台風注意報が発令されている。

台風14号の13日午後3時現在の予想進路図(気象庁提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。