Go to Contents Go to Navigation

中秋節前の検査・ワクチン接種促す 「困難なら集まり延期を」=韓国首相

記事一覧 2021.09.14 09:56

【ソウル聯合ニュース】韓国の金富謙(キム・ブギョム)首相は14日、新型コロナウイルスへの対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、帰省が増える秋夕(中秋節、今年は9月21日)の連休を控え「両親をはじめとする家族の健康と安全を守るためにも、移動と集まりを最小限にしてほしい」と述べ、「前もって(ワクチン)接種や(感染の有無を調べる)検査を受け、それが難しい場合は集まりを延期してほしい」と国民に求めた。

会議で発言する金首相=14日、ソウル(聯合ニュース)

 新型コロナの感染状況については、5週連続で新規感染者数が増加しており、最近では1日平均の新規感染者の80%近くが首都圏(ソウル市、京畿道、仁川市)で確認されているとして懸念を示した。

 ワクチン接種に関しては、少なくとも1回接種した人が総人口に占める割合が66%を超えたとし、今週中の70%達成は確実だと伝えた。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。