Go to Contents Go to Navigation

韓国が新技術・供給網巡る対話チャンネル新設提案 韓米通商トップ会談

記事一覧 2021.09.14 11:00

【ソウル聯合ニュース】訪米している韓国産業通商資源部の呂翰九(ヨ・ハング)通商交渉本部長は13日(現地時間)、ワシントンで米通商代表部(USTR)のタイ代表と会談した。同部によると、韓国側は新技術や安定的なサプライチェーン(供給網)に関する協力強化のための対話チャンネル新設を提案し、米国側はこれを検討すると応じた。

8月13日にオンラインで会談した呂氏(右)とタイ氏(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓米関係は今年5月の両国首脳会談を機に、サプライチェーンや技術などでも協力する包括的な経済パートナーシップに格上げされた。今回の通商トップ会談は首脳会談を受け、経済・通商分野で実質的な成果を出す目的で開かれた。

 両国の通商トップはサプライチェーンや技術貿易、グローバルワクチン供給拡大、気候変動への対応などを巡り協力を強化することで一致した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。