Go to Contents Go to Navigation

徴用被害者遺族が裁判官交代求める 日本企業への損害賠償訴訟=韓国

記事一覧 2021.09.14 14:47

【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代だった戦時中に強制徴用された韓国人被害者の遺族が日本製鉄とJX金属に損害賠償を求めた訴訟で、原告側が14日、裁判官の交代を求める忌避を申し立てた。原告の代理を務める弁護士団体「民主社会のための弁護士会」(民弁)が伝えた。「裁判官と担当事件の被告の訴訟代理人との間に特殊関係が疑われるため」としている。

徴用被害者の遺族が日本企業に損害賠償を求めた訴訟で、原告側が裁判官の交代を求める忌避を申し立てた(コラージュ)=(聯合ニュース)

 民弁によると、この訴訟を審理するソウル中央地裁の李伯圭(イ・ベッギュ)裁判官は韓国最大手の法律事務所「金・張法律事務所」で2003年から17年まで弁護士として勤めた。 

 民弁は「(被告の)日本企業側の代理人の一部は金・張法律事務所のいわゆる『徴用事件対応チーム』の一員とされており、李氏が同法律事務所に勤めていた期間にこのチームが運営されていた」と指摘し、「李氏が日本企業側の代理人とつながりを築いた可能性が高い」と主張した。

 徴用訴訟に不当に介入した罪などに問われている梁承泰(ヤン・スンテ)元大法院長(最高裁長官)に対する起訴事実によると、金・張法律事務所は13年、被害者に対する日本企業の損害賠償責任を認めた大法院判決を覆すため、外交部高官や裁判官の経験者による徴用事件対応チームを立ち上げた。対応チームは梁氏をはじめとする司法府の幹部と非公式に接触したことが調査で明らかになっている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。