Go to Contents Go to Navigation

韓国航空大手2社がアジア太平洋航空協会脱退=「効率最大化のため」

経済 2021.09.14 19:05

【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手の大韓航空とアシアナ航空がアジア太平洋航空協会(AAPA)から脱退していたことが14日、分かった。

仁川国際空港(資料写真)=(聯合ニュース)

 業界関係者によると、大韓航空は今年1月、アシアナ航空は6月に脱退したという。

 大韓航空とアシアナ航空は国際業務と協力の窓口を国際航空運送協会(IATA)に一元化した。

 大韓航空は脱退の理由について、新型コロナウイルスの世界的な流行以降、全分野にわたり効率性を最大化するため、内部プロセスを再点検した結果と説明した。

 同社の関係者は「脱退後もAAPAおよび加盟企業との関係は変わりない」とし、「領域内航空産業発展のために協力を続ける予定」と話した。

 AAAPは1966年に設立。全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、台湾のチャイナエアライン、香港のキャセイパシフィックなどが加盟している。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。