Go to Contents Go to Navigation

中国による韓国の歴史・文化歪曲を正す 市民団体がサイト開設

社会・文化 2021.09.15 11:00

【ソウル聯合ニュース】インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは15日、中国が韓国の歴史、領土、文化をねじ曲げて解釈していることに対し、現状を認識した上で誤りを正していくことを呼び掛けるウェブサイト「Nonsense China」(nonsense-zh.prkorea.com)を開設した。

VANKが開設したサイト「Nonsense China」の万里の長城に関するページ(同サイトから)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同サイトは「万里の長城」「東北工程」「文化工程」「私たちができること」から構成されている。

 「万里の長城」では、中国政府が万里の長城に高句麗や渤海(ぼっかい)時代などの遺跡も含め総延長を延ばし、世界史の教科書に記述していると指摘した。高句麗を中国の地方政権とする同国の歴史研究プロジェクト「東北工程」と、韓国伝統の韓服やキムチ、舞踊などを中国文化と見なす「文化工程」の具体的な事例も挙げた。それぞれ正しい情報を伝えるとともに、VANKの取り組みを説明している。

 「私たちができること」でも、世界最大の署名サイトの活用、中国の歴史歪曲(わいきょく)を告発するポスターや動画の製作・拡散、海外のサイトで中国による歪曲を見つけた場合の訂正申し入れなど、VANKの活動を紹介し、これらの活動への参加を呼び掛けた。

 VANKの朴起台(パク・ギテ)団長は「このサイトを利用することで韓国人一人一人が『民間外交官』となり、積極的に対応することができれば」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。