Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 東海に弾道ミサイル2発発射=韓国軍

北朝鮮 2021.09.15 13:49

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が同日午後に中部の内陸から朝鮮半島東の東海に向けて弾道ミサイル2発を発射したと発表した。ミサイルの詳細については韓米の情報当局が精密分析中だとしている。

韓国軍合同参謀本部は北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したと発表した(資料写真)=(聯合ニュース)

 合同参謀本部の関係者は「軍は監視と警戒を強化し、韓米間で緊密に協力しながら万全の備えを維持している」と伝えた。

 北朝鮮は13日、新型長距離巡航ミサイルの発射実験に成功したと発表しており、発表からわずか2日後に再びミサイルを発射したことになる。

 北朝鮮のミサイル発射は今年に入って5回目。バイデン米大統領就任後の1月22日と3月21日に巡航ミサイルを発射し、同25日には国連安全保障理事会決議に反する短距離弾道ミサイルを発射している。

 軍当局は通常、弾道ミサイルを探知した場合は速やかにマスコミに公表している。

tnak51@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。