Go to Contents Go to Navigation

金与正氏の文大統領非難談話 国内向けメディアでは報じず

記事一覧 2021.09.16 09:44

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党副部長が15日、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射実験を視察した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を非難する談話を出したが、朝鮮労働党機関紙の労働新聞や朝鮮中央放送など北朝鮮の国内向けメディアは談話を伝えていない。

金与正氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 金与正氏は文大統領が視察後、「ミサイル戦力の増強こそ北の挑発に対する確実な抑止力になり得る」と述べたことに対し、「非常に強い遺憾の意」を表明。文大統領を名指しし、「言動を深思熟考すべきだ」として「南北関係の完全な破壊」まで警告した。

 ただ、国内には公開しないことでトーンを弱めたとみられる。

 金与正氏は談話で「われわれはそれ(破壊)を望んでいない」とし、南北関係回復の意思があることも示唆した。

 金与正氏がこれまで激しい言葉で韓国を非難してきたことと比べると、表現のトーンも弱い。

 北朝鮮は対韓・対米など対外関係に関する談話などを国内向けメディアでは公開しないことでトーンを弱め、外交による問題解決の余地を残すような態度を見せてきた。ただ、韓国の脱北者団体によるビラ散布問題はほとんどの国内向けメディアで報道し、韓米合同軍事演習も報じるケースがあった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。