Go to Contents Go to Navigation

[韓流]元iKONのB.I 執行猶予判決が確定=違法薬物使用

記事一覧 2021.09.23 15:19

【ソウル聯合ニュース】麻薬類管理に関する法律違反の罪に問われ、一審で執行猶予付きの有罪判決を受けた韓国男性グループiKON(アイコン)の元メンバーB.I(ビーアイ・本名キム・ハンビン)被告が控訴せず、判決が確定した。

B.I(資料写真)=(聯合ニュース)

 刑事裁判は判決日から7日以内に控訴できるが、期限の今月17日までに検察も被告側も控訴しなかった。

 iKONのリーダーだった同被告は、2016年4月から5月にかけて知人を通じて大麻などの薬物を購入し、一部を使用した罪で起訴された。この事件が明るみになり、同被告は19年にiKONから脱退。所属事務所、YGエンターテインメントは専属契約を解除した。

 ソウル中央地裁は今月10日、同被告に対し、懲役3年、執行猶予4年、追徴金150万ウォン(約14万円)の判決を言い渡した。併せて、80時間の社会奉仕活動と、40時間の薬物治療講座の受講も命じた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。