Go to Contents Go to Navigation

[韓流]ENHYPENやaespaなど期待の新人 来月新譜発売

記事一覧 2021.09.23 18:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の歌謡界で最近最も注目されている「スーパールーキー」らが来月新アルバムを出し、さらなる飛躍を目指す。

ENHYPEN(所属事務所提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 男性グループ、ENHYPEN(エンハイフン)は来月12日、初のフルアムバム「DIMENSION:DILEMMA」を発表する。

 2枚目のミニアルバム「BORDER:CARNIVAL」以来、約6カ月ぶりの新譜で、昨年11月にデビューした同グループにとって初のフルアルバムとなる。

 音楽専門チャンネルMnetのオーディション番組「I-LAND」から誕生した同グループは正式なデビュー前から多くのファンを獲得していた。

 また「BORDER:CARNIVAL」は米ビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」で18位を記録した。

 新人グループとしては異例な成果をあげている同グループの初のフルアルバムにファンの期待が高まっている。

 所属事務所は23日、「DIMENSION:DILEMMA」が予約開始から6日で60万枚を突破したと伝えた。前作の予約枚数は約45万枚だった。

 「Next Level」で話題になった女性グループ、aespa(エスパ)は来月5日にファーストミニアルバム「Savage」を発表する。「Next Level」は韓国音楽配信サイト、メロンのチャート「24Hits」で当時、発売以来首位の座を守っていた韓国の人気グループ、BTS(防弾少年団)の英語曲「Butter」を押しのけて1位を獲得した。

 昨年11月のデビュー以降、シングルだけを発売してきた同グループの初のアルバムで6曲が収録される。

 aespaは所属事務所SMエンタテインメントがRed Velvet(レッドベルベット)以来、6年ぶりにデビューさせたグループ。

 いわゆるアイドル第4世代の先頭を走るグループの一つで男性グループのStray Kids(ストレイキッズ)は来月13日に日本で2枚目のシングルを発売する。

 Stray Kidsは日本でデビューする前に行ったイベントで約8000人の観客を集めた。昨年3月に出したベストアルバム「SKZ2020」はタワーレコードで上半期に最も多く売り上げたK-POPアルバムの1位を記録し、ファーストシングル「TOP」はオリコン週間シングルランキングで1位を獲得した。

 先月発売した2枚目のフルアルバム「NOEASY」の累計出荷枚数が110万枚を突破するなど、韓国内でも人気もさらに高まっている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。