Go to Contents Go to Navigation

[韓流]ネットフリックスドラマ「イカゲーム」 世界的な人気 

記事一覧 2021.09.23 20:29

【ソウル聯合ニュース】動画配信大手ネットフリックスで配信中の韓国オリジナルドラマ「イカゲーム」が米国の視聴ランキングで韓国作品としては初めて1位を記録した。韓国と米国だけでなく14カ国・地域で1位、英国やフランスなど39カ国・地域では2位につけている。

「イカゲーム」の場面(ネットフリックス提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 海外メディアからの評価も高い。米誌フォーブスは「ネットフリックス作品のうち、最も奇異で魅惑的なものの一つ」と評価する外部寄稿文を紹介した。また米タブロイド紙のニューヨークポストのエンターテイメント専門サイトでは、「新鮮なアイディアをスリルあふれるドラマに昇華させた」と紹介し、フランスメディアは「韓国ドラマの古典的な表現から抜け出したサスペンスを提供する」と絶賛した。

 「イカゲーム」が世界的な人気を博しているのは、作品の構造や出演者の熱演のほか、昨年の米アカデミー賞で作品賞を含む4冠に輝いた「パラサイト 半地下の家族」のように社会的なメッセージが絶妙に反映されている点が理由として挙げられる。

 「パラサイト」と同じように、「イカゲーム」の登場人物がゲームに臨む様子は極めて韓国的でありながらストーリーを伝達する方式は普遍的だ。 

 オリジナルドラマ「キングダム」などに続く「イカゲーム」のヒットにより、韓国はネットフリックスの主なコンテンツ生産基地になった。

 ネットフリックスで韓国コンテンツを総括するカン・ドンハン氏は、「『イカゲーム』のような韓国のすばらしいストーリーを国や言語、文化を超越したエンターテインメントファンたちに伝えたいと思っており、今後も国内のクリエーターと協力して高い水準のストーリーテリングで全世界のファンたちを楽しませたい」と話した。

 一方、作品を巡る話題も増加し、日本映画「神さまの言うとおり」との類似点を指摘する声もSNS(交流サイト)を中心に広がっている。これと関連し、ファン・ドンヒョク監督は製作発表会で「最初のゲームが同じというだけで、それほど関連性はない。2008年に構想を始め2009年に台本を書いた時から最初のゲームは『ムクゲの花が咲きました(日本の「だるまさんがころんだ」)』だった。偶然似ていただけで、誰かが誰かをまねたのではない。優先権を主張するなら、私が先に台本を書いたから私だ」と述べた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。