Go to Contents Go to Navigation

「ウィズコロナ」は漸進的に推進 公聴会開催も=韓国政府

記事一覧 2021.09.24 15:54

【ソウル聯合ニュース】韓国政府の中央災難(災害)安全対策本部の李基日(イ・ギイル)第1統制官は24日の定例会見で、新型コロナウイルスの感染対策と経済・社会活動を両立させる「ウィズコロナ」について、各界の意見を聞く公聴会を経て、漸進的に推進する方針を明らかにした。

会見を行う李氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 李氏はワクチン接種率が上がっても新型コロナ感染防止策「社会的距離の確保」のレベルを急に緩和するよりは漸進的に改編する必要があると説明。高齢者に対するワクチンのブースターショット(追加接種)や「ワクチンパス」などワクチン接種者への優遇策も検討する必要があると述べた。

 公聴会に関しては、「ウィズコロナ、つまり段階的な日常回復案について実務的な準備をしている」とし、「ある程度準備ができれば専門家の意見を十分に聞き、討論会や公聴会も開催する」と明らかにした。

 その上で、「ウィズコロナに関しては専門家や民生分野(の関係者)が集まって議論する構造をつくっていく」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。