Go to Contents Go to Navigation

文大統領 スポーツ界の人権保護へ勧告受け入れ

記事一覧 2021.09.29 12:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の国家人権委員会は29日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領、教育部長官、文化体育観光部長官、大韓体育会(韓国オリンピック委員会)会長、大韓障害者体育会会長がスポーツ界の人権保護システム改善のための勧告を受け入れたと発表した。

青瓦台(資料写真)=(聯合ニュース)

 同委員会によると、文大統領はスポーツ界の成績至上主義、エリートスポーツ中心の選手育成方式を全面的に再検討し「皆のためのスポーツ」へと認識が転換されるよう努力するとの立場を表明した。

 文化体育観光部と教育部は国民体育振興法や学校体育振興法などの関連法を改正し、その後の措置を進めていると説明した。

 同委員会は2019年にスポーツ界の暴力・性暴力被害に関する調査を実施し、その結果に基づき昨年7月に改善策を勧告した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。