Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の極超音速ミサイルは初期段階 配備には相当な時間=韓国軍

記事一覧 2021.09.29 15:15

【ソウル聯合ニュース】韓国軍合同参謀本部は29日、北朝鮮が発射実験を28日に行ったと発表した「極超音速ミサイル」について、「探知した速度などのデータに基づくと開発初期段階にあり、実戦配備には相当な時間を要すると判断される」と記者団に伝えた。「現在の韓米連合資産(兵器)で探知・迎撃が可能な水準と評価している」とも説明した。北朝鮮による極超音速ミサイルの開発事実を軍当局も認めた形だ。

北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、「火星8」の発射実験が初めて実施されたと報じた=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、国防科学院が前日に北西部の慈江道竜林郡で、新型極超音速ミサイル「火星8」の発射実験を初めて行ったと伝えた。極超音速ミサイルは音速の5倍(マッハ5)以上の速さで進みコース変更も可能なため、発射実験を経て完成し、実戦配備されれば迎撃は困難とみられる。北朝鮮の発射実験を受け、韓米軍当局はミサイル防衛網の補完を急ぐべきとの指摘が出ている。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。