Go to Contents Go to Navigation

文大統領 岸田氏への祝電・電話検討=韓国大統領府

韓日関係 2021.09.30 16:37

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)高官は30日、自民党の新総裁に選出された岸田文雄氏が首相に就任後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の祝電や電話などを検討する考えを明らかにした。

自民党の新総裁に選出された岸田氏=(聯合ニュースTV)

 岸田氏は外相を務めていた2015年末、旧日本軍の慰安婦問題を巡る合意を発表しており、韓国側が合意を履行していないと主張した安倍晋三・菅義偉両政権と同じく、韓日関係の改善が容易ではないとの見方が出ている。これについて、同高官は「新しく発足する日本の内閣と韓日の未来志向の関係発展のため、引き続き協力していきたい」と述べた。

 岸田氏は来月4日の臨時国会で第100代首相に指名される見通しだ。

 日本に対し、「対話の扉を常に開いている」として韓日関係改善の必要性を強調してきた文大統領は岸田氏への祝電か電話で、意思疎通を図るとみられる。

 文大統領は昨年9月、菅義偉首相の就任当日に祝賀の書簡を送り、8日後に初めての電話を行った。ただ、文大統領と菅首相による首脳会談は実現しなかった。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。