Go to Contents Go to Navigation

韓国与党代表 岸田氏に祝意示すも「靖国参拝自粛すべき」

韓日関係 2021.10.01 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の革新系与党「共に民主党」の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表は1日の党最高委員会議で、日本の自民党総裁に岸田文雄氏が就任したことに祝意を示しながらも「冷え込んだ韓日関係を改善するためには靖国神社参拝のような、周辺国の韓国、中国の国民感情を害することを自粛すべきだ」と強調した。

最高委員会議に出席した宋代表=1日、ソウル(聯合ニュース)

 宋氏は、自民党総裁選の討論会で靖国神社参拝を巡り河野太郎氏は首相在任中は参拝しないと表明したが、岸田氏はあいまいな立場を示したと指摘した。その上で、韓日両国の発展に向けては岸田内閣が安倍晋三氏の政策を継承するのではなく、新たな内閣の姿を見せるよう促すと述べた。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。