Go to Contents Go to Navigation

現代自の9月販売22%減 半導体不足などで3カ月連続マイナス

経済 2021.10.01 16:25

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は1日、9月の世界販売台数が前年同月比22.3%減の28万1196台となったと発表した。自動車用の半導体不足が影響したほか、秋夕(中秋節)連休で勤務日数が減り、3カ月連続でマイナスとなった。

現代自動車が9月に発売した軽SUV「CASPER(キャスパー)」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国内販売は前年同月比34.6%減の4万3857台、海外販売は同19.4%減の23万7339台だった。

 国内市場でのセダン販売台数は1万3477台で、前年同月比48.0%急減した。多目的レジャー車(RV)は1万3212台で同22.0%減となった。

 高級車ブランド「ジェネシス」の販売は7633台で前年同月比25.8%減った。

 同社関係者は「今月も半導体不足や新型コロナウイルスの再拡大により、経営の不確実性が続いている」として、「早期出庫が可能なモデルを優先的に生産するなど生産日程を調整し、供給遅延を最小化する方針」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。