Go to Contents Go to Navigation

南北通信線復旧 「緊張緩和につながると期待」=韓国国防部

北朝鮮 2021.10.04 10:58

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は4日、南北軍事当局間を結ぶ軍通信線が復旧したことに対し、今後の朝鮮半島の実質的な軍事的緊張緩和につながることを期待するとの立場を示した。

韓国国防部=(聯合ニュースTV)

 同部はこの日午前に報道陣に送ったメッセージで「軍通信線は南北軍事当局間のコミュニケーションのための基本的手段として、さまざまな通信文のやりとりを通じて偶発的な衝突防止などに寄与してきた」と伝えた。

 南北軍事当局は同日午前9時、東海・西海(黄海)地区の軍通信線を完全に復旧させた。これにより、光ケーブルによる南北軍事当局間の電話通話やファクスの送受信など、全ての機能が正常に作動している。

 また、黄海での偶発的衝突防止のため、違法操業を行う漁船についての情報交換も軍通信線を利用して正常に行われている。

 ただ、北朝鮮側は艦艇間のホットライン(国際商船共通網)を活用した韓国海軍の警備艦からの試験通信には応答していない。国防部は、国際商船共通網による南北艦艇間の試験通信も引き続き試みる予定だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。