Go to Contents Go to Navigation

南北関係改善「誰かの承認得て行うものではない」 北朝鮮メディア

北朝鮮 2021.10.05 09:17

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の対外宣伝メディア「統一のメアリ」は5日、「北南(南北)関係を発展させるためには南朝鮮(韓国)当局が民族自主の立場を堅持することが重要だ」として、「関係改善は誰かの承認を得て行うものではなく、誰かの支援で行われるものでもない」と強調する寄稿を掲載した。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領(左)と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党総書記)=(聯合ニュースTV)

 また、「民族の内部問題に対する外勢の干渉を認めればむしろ複雑となり、いつになっても民族問題をわれわれの意思と利益に沿って解決することができない」と主張。「あらゆる問題を民族同士で解決してこそ北南関係が一日も早く回復し、朝鮮半島に強固な平和が実現する」と指摘した。

 これまで、韓国が南北問題を米国と作業部会(ワーキンググループ)で協議するため、南北協力事業などが遅延・中止になったことを繰り返さないよう求めたものとみられる。

 北朝鮮はこのところ、韓国と米国に異なるメッセージを発している。韓国に対しては挑発・危害を与える意向がないとして、約2カ月ぶりに南北通信連絡線を復旧させた。だが、米国に対しては「二重基準」を問題視し、対北朝鮮敵視政策の撤回を求めている。

 一方、別の宣伝メディア「メアリ」は韓国の軍事演習や先端兵器の導入に触れ、「現実は、対話と平和を言ってわれわれを安心させ、彼らの不純な目的を達成させるため時間を稼ごうとするごまかしにすぎない」とし、韓国の軍備増強を警戒した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。