Go to Contents Go to Navigation

ウィーン・フィルが来月来韓へ 政府「隔離免除前向きに検討」

記事一覧 2021.10.05 13:41

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市の世宗文化会館は5日、世界的オーケストラのウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が来月14日午後5時から同会館大劇場で公演を行うと発表した。指揮はイタリア出身の巨匠、リッカルド・ムーティ、曲目はモーツァルトの交響曲第35番「ハフナー」、シューベルトの交響曲第9番「ザ・グレート」。

公演のポスター=(聯合ニュース)

 文化体育観光部の関係者は「防疫指針上、2週間の自主隔離免除の条件が確認されれば隔離免除を前向きに検討する」と説明した。

 新型コロナウイルスの感染拡大以降に100人以上の規模のオーケストラが来韓公演を開催するのは初めてとなる。

 チケットは今月6日から世宗文化会館のホームページ、韓国予約サイトのインターパーク、イエス24などで購入できる。価格は8万ウォン(約7500円)~43万ウォン。公演が中止された場合は全額払い戻される。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。