Go to Contents Go to Navigation

「世界韓人会長大会」開幕 67カ国・310人の韓国系リーダーが出席

記事一覧 2021.10.05 16:23

【ソウル聯合ニュース】67カ国・地域で活躍する韓国系住民のリーダー310人が集まり、コミュニティーの繁栄について議論する「2021世界韓人会長大会」が5日、ソウル市内のホテルで開幕した。

世界韓人会長大会に先立ち開かれた「第15回世界韓人の日」記念式典の様子=(聯合ニュース)

 開会式には与党「共に民主党」の李成万(イ・ソンマン)在外国民委員長、最大野党「国民の力」の金碩基(キム・ソッキ)在外国民委員長、在外同胞財団の金星坤(キム・ソンゴン)理事長と各国の韓人会長、政府関係者など103人が防疫規則を順守した上で出席した。

 オンラインとオフラインの双方で開かれる今回の大会は「一つになった同胞、さらに強くなった大韓民国」をテーマに、7日まで米国、中国、日本、カナダなど約10地域ごとの懸案の討論や韓人会の優秀運営事例の発表、政府との対話などが行われる。

 大会に先立ち「第15回世界韓人の日」記念式典も開かれ、有功者に政府の勲章・褒章が授与された。

 金星坤理事長は基調講演で「ポストコロナ時代を迎え、在外同胞は世界市民かつグローバルコリアンとしてさらに責任ある行動と市民意識が必要になった」とし、「在外同胞代表として、韓民族共同体の発展と人類平和の先頭に立ってほしい」と呼び掛けた。

 大会の詳しい日程や発表資料は、公式ホームページ(hanin2020.co.kr)で確認できる。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。