Go to Contents Go to Navigation

[韓流]韓国映画「モガディシュ」 米アカデミー賞出品作に

記事一覧 2021.10.05 21:39

【ソウル聯合ニュース】韓国の映画振興委員会は5日、第94回米アカデミー賞国際長編映画賞部門に出品する韓国代表にリュ・スンワン監督の映画「モガディシュ」(原題)を選出したと発表した。

韓国映画「モガディシュ」(韓国上映館協会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 実話をモチーフにした同映画は、1991年、内戦が勃発したソマリアの首都モガディシュで孤立した韓国大使館と北朝鮮大使館の職員の脱出劇を描いた。7月に公開され、これまで約350万人の観客を動員。韓国で今年最高のヒット作となった。

 映画振興委員会は選定の理由について、完成度の高いアクションとサスペンスが印象的で、南北のあつれきと連帯が紡ぎ出すストーリーが、国内だけでなく海外でも高い評価を受けていると説明した。

 同委員会の関係者は「この数年でアカデミー賞は米国だけでなく、世界の映画関係者が楽しむことができる授賞式になり、そのような点で韓国映画を代表する作品が何かについて多くの議論をした」とし、第92回米アカデミー賞で作品賞を含む4冠に輝いた「パラサイト 半地下の家族」から高まった韓国映画への関心が「モガディシュ」に続き、韓国映画の魅力を再び伝える機会になることを期待すると話した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。