Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の核・ミサイル「日増しに高度化」 包括的安保力強化へ=韓国軍制服組トップ 

北朝鮮 2021.10.06 11:48

【ソウル聯合ニュース】韓国軍制服組トップの元仁哲(ウォン・インチョル)合同参謀本部議長は6日、国会国防委員会による国政監査で、北朝鮮の核・ミサイル能力が日増しに高度化している中で周辺の強大国の軍事的脅威と軍備競争も次第に激しさを増しているとしながら、「全方位の安全保障の脅威に対応できる包括的な安保力を強化していく」との方針を示した。

ソウルの合同参謀本部庁舎で開かれた国政監査で業務報告を行う元氏(国会写真記者団)=6日、ソウル(聯合ニュース)

 元氏は「北の核・ミサイルの脅威に対応し、緊密な韓米協力を基に監視・偵察活動を強化している」と説明。どのような脅威にも対応可能で、戦えば必ず勝つ強い軍隊、国民に信頼される「軍隊らしい軍隊」を実現するために力を尽くすと強調した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。